妊婦さん必見!葉酸が重要な理由と葉酸の摂り方・選び方!

葉酸は、雑誌でも特集があるなど注目されている栄養素なので、妊婦さんなら誰でも、言葉くらいは聞いたことあるかと思います。

ですが、赤ちゃんのために必要だということは知っているけど、葉酸のことを詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか。

恥ずかしながら、私が葉酸というものの重要性を知ったのは、妻の妊娠が分かってしばらくしてからで、妻が葉酸サプリを飲み始めたのは妊娠3カ月に入る頃だったと思います…。

では、なぜ葉酸が妊婦さんや赤ちゃんにとって重要なのでしょうか。

今回は葉酸のお話をしたいと思います。

妊婦さんや赤ちゃんの味方!?葉酸とは?

葉酸とはビタミンの1種で、水に溶けやすい水溶性の栄養素です。(ビタミンMとも言われます)

ほうれん草から発見されたので葉酸と名付けられました。

厚生労働省などが推奨している、妊婦さんに必要な栄養素

  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

この中でも特に重要なのが、ビタミン類に含まれる〝葉酸〟です。

なぜ、葉酸が妊娠期に必要なのか

葉酸が赤ちゃんにもたらす効果

葉酸は、お腹の赤ちゃんの脳や神経系の発達にとても重要な栄養素だといわれています。

そのため、葉酸が不足すると赤ちゃんの脳や神経系の形成が上手くいかず、神経管欠損症などの先天性の奇形のリスクが出てくるといわれています。

葉酸を十分に摂取することで、そのようなリスクを軽減できると考えられているのです。

葉酸がママにもたらす効果

また、葉酸は、赤ちゃんだけでなく、妊娠中の貧血を緩和したり、流産や早産のリスクを下げるなど、妊娠中毒症の予防にもつながるという効果が期待されるため、妊婦さんにとっても必要な栄養素なのです。

葉酸がもっとも必要な時期は

厚生労働省では、妊娠する1か月前から妊娠3か月(12週)までの約4か月間が、最も葉酸の摂取が重要な時期であるとしています。

つまり、妊娠を考えているなら、いつ妊娠をしてもいいように、葉酸を十分な量摂取することを心がけ、妊娠時は妊婦さんの体に、葉酸が取り込まれている状態が望ましいということです。

妊娠前から妊娠3カ月までの摂取が重要といわれる理由

妊娠3カ月までは、お腹の赤ちゃんの脳や脊髄といった器官がものすごいスピードで形成され成長する時期であり、葉酸は正常な細胞分裂をサポートする効果があるため、脳や神経系の奇形のリスクを減らすことができると考えられているからです。

十分な量ってどのくらい?食事だけでは足りないの?

葉酸は、妊婦さんやお腹の赤ちゃんだけに必要な栄養素ではなく、普段から摂取しておきたい栄養素です。

妊活中や妊婦さんではない成人女性の場合、1日に240㎍の摂取が望ましいとされています。

そして、妊活中の方や妊婦さんは、さらに200㎍の摂取が推奨されているのです。

つまり1日に440㎍の摂取が必要ということになります。

しかし、食事だけで毎日440㎍の葉酸を摂取することは極めて難しいです…。

葉酸を多く含む食材は?

  • 緑黄色野菜
  • 豆類
  • 卵黄
  • 果物
  • レバー

普段の食事から摂取できる葉酸の量

毎日3食食事を摂っていたとしても、よほど葉酸の事を意識して食事をしていない限り、200㎍程度しか摂取できていないという結果が出ているのです。非妊娠時の推奨摂取量にも届いていないというのが現実です。

なぜ、食事からの葉酸摂取が難しいの?

その大きな理由として、葉酸が水溶性であるということ。

葉酸は、見ずに浸したり茹でたりすると流れ出てしまいます。また、熱や光でも失われてしまうという弱点もあります。油で長時間炒めたり、日の当たるところに置いておくと葉酸はどんどん失われていってしまいます。

そのため、新鮮な緑黄色野菜や果物を生で食べるのが好ましいのですが、生で食べるとなると毎日たくさん食べるのは難しいですし、妊婦さんは生の食材に少し抵抗があるかもしれません。

オススメの食べ方は、野菜スープや蒸野菜ですが、そればっかり食べている訳にもいきませんよね。

また、葉酸が必要な妊娠前期は、つわりの症状に苦しむ人も多く、食事量自体が減ってしまっているという問題もあります。

妊娠3カ月以降は、それほど重要視しなくていいの?

3カ月以降はあまり効果がないという考え方もあるようですが、妊娠中~授乳中までは、普段よりもたくさんの葉酸摂取が推奨されています。

妊娠中期に入ってからも葉酸が不足すると、

  • 低体重
  • 赤ちゃんの成長の遅れ
  • 母乳の質の低下
  • 産後の子宮回復の遅れ
  • 悪性貧血などにつながることもあるそうです。

妊娠中にサプリメントを飲むことの安全性

先にも述べましたが、葉酸を食事のみで摂取することは困難な為、必要量を摂取するには、サプリメントは欠かせないと思います。

しかし、妊娠期に薬を服用することに抵抗がある方が多いと思います。では、サプリメントを服用することの安全性はどうでしょうか。

安全な葉酸サプリを選ぶポイント

  • 天然成分であること
  • 無添加であること
  • 日本製であること
  • 第三者機関のチェックがあること
  • 保証期間の有無

サプリメント摂取の注意点

葉酸の摂取量には1日1000㎍という上限があります。

食事からの摂取でこの上限を上回ることはまずありませんが、

体に良いからと言ってサプリメントをたくさん飲んでしまうと

必要以上の量になってしまう恐れがあります。

用法用量は必ず守ってくださいね。

まとめ

妊娠前~妊娠初期の葉酸の重要性をお話してきましたが、葉酸サプリを飲まなかったからといって、過剰に心配する必要はありません。

妊娠が発覚してから、葉酸サプリを飲み始める妊婦さんもたくさんいます。

葉酸は、奇形のリスクを下げる効果があるだけで、

葉酸不足=奇形というわけでは決してありません。

逆に、十分に葉酸を摂取していれば、100%脳や神経系の奇形を回避できるというわけでもりません。

ですので、必ずしも葉酸サプリを飲まなければいけないということではありませんし、飲む時期も妊婦さん本人の考えで決定すればよいことだと思います。

この記事が少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタリング(大)
レクタリング(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング(大)