絵本の読み聞かせのコツやメリットを教えます

子どもに「絵本を読んでー」とせがまれるパパやママは多いのではありませんか?

また自分自身も幼い頃に絵本を読んでもらった記憶があるのではないでしょうか?

忙しい時は「ちょっと待ってて」「後でね」と言ってしまいそうになりますが、絵本の読み聞かせには様々な効果があり、子どもとの大切な時間となるのです。

今回は、絵本の読み聞かせのメリットやコツなどをお伝えしていきたいと思います。

絵本の読み聞かせのメリット

1.親子のコミュニケーション

絵本の内容を通して、親子の会話がはずむきっかけを作ることができます。

また、話すことのできない赤ちゃんにとって、パパやママの会話を聞くことはとても重要です。

絶えず話しかけることで、コミュニケーションに対する意欲につながるといわれています。

2.感性が豊かになる

絵を見てキレイだと感じたり、お話を聞いて怖いと感じたり、絵本を見たり聞いたりした時に素直に感じたことは、感性をより育ててくれます。

3.好奇心が刺激される

絵本を通して疑問に感じたり、お話の続きを知りたいと思うことは好奇心を刺激し、積極性を身につけることにつながります。

4.生活のリズムがつく

おやつを食べた後や夜寝る前など、絵本を読み聞かせる時間を決めて習慣にすることで、生活のリズムがつきやすくなります。

また、絵本を読んでもらったら寝る時間だという習慣がつくと、寝つきが良くなる効果も期待できます。

5.場面を想像することで、想像力が育つ

少し大きくなってくると、絵本に書いていないことを想像することができるようになります。想像力を育てるのにも絵本は効果的です。

6.言葉の表現を知ることで、語彙力が育つ

絵本にはたくさんの言葉が出てきます。

普段の会話では使わない言葉を、絵本を通して学んだり、何度も同じ言葉を聞くことで、言葉の使い方が上手くなり、スムーズに会話ができるようになるといわれています。

読み聞かせをする時のコツ

1.子どもの反応を見ながら

子どもが飽きてしまっていたり、眠そうにしている時は無理に読み聞かせる必要はありません。

必ずこの絵本を読まなければいけないと子どもが感じて、絵本を嫌いになってしまっては大変です。

2.子どもと一緒に絵本の世界に入る

子どもは絵本の世界に入るこむのがとても上手です。

そんな時は、ぜひパパやママも一緒に絵本の世界を楽しんであげてください。

3.落ち着いて絵本を楽しめる環境づくり

膝の上に座らせて読んだり、紙芝居のように対面で読んだり、時にはベッドの上に横になって読んだりといろいろなシチュエーションが考えられます。

照明の明るさや騒音などにも気を配り、リラックスできる環境で絵本を読んであげてください。

4.はっきり、ゆっくりを心がけて

言葉を聞き取りやすくするのはもちろんですが、パパやママの声は子どもにとって安心できるものです。

ゆっくりと分かりやすく読み書かせることで、心の安定にもつながります。

また、読むスピードだけでなく、ページをめくるときもゆっくりを心がけましょう。

5.子どもの感想を引き出せるように

絵本の途中に「どんな風に思った?」「〇〇ちゃんならどうする?」など感じたことを、言葉として引き出してあげることができると、読み聞かせの効果がさらにUPします。

6.子どもからの質問を大切に

子どもが疑問に思うということは、興味があるというサインかもしれません。

そこから好奇心や想像力を育てるきっかけにもなりますので、子どもからの質問は大切にし、一緒に考えてみましょう。

7.子どもの成長過程にあった絵本を選ぶ

絵本には適応年齢があります。

年齢は目安として参考にし、子どもの発達段階に合った文字数や内容、言葉の難しさ、イラストなどをを選んであげましょう。

読み聞かせを始める時期は?

絵本を読み聞かせる時期に決まりはありません。

早い人は胎教として妊娠5ヶ月頃から始める方もいますし、もちろん生まれてきてからでも構いません。

「ブックスタート」という活動が広がっており、出産後、地域や自治体から絵本をプレゼントされるところもあるようです。

何歳になったら読み聞かせは終了ということもありません。

子どもが読んでほしいと頼んできたら、ぜひ時間を作って絵本を読んであげてください。

時にはパパやママが聞き手に周り、絵本を読んでもらうをいうのもとてもいいと思います。

まとめ

絵本の読み聞かせはには、様々なメリットがあります。

読み聞かせのコツもいくつかお伝えしましたが、上手い下手は関係なく、子どもと一緒に絵本を楽しむことが1番大切です。

絵本の読み聞かせを通じて、親子の素敵な時間を共有し、楽しかった思い出として残してあげてください。

また、「子どもに読ませる絵本選びのポイント」も併せて読んでいただき、より良い読み聞かせをしてあげてください。

スポンサーリンク
レクタリング(大)
レクタリング(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング(大)