子どもがよくなる中耳炎の種類別治療

子どもに起こりやすい病気の一つに「中耳炎」があります。

経験したことがある方も、少なくないのではないでしょうか?

実は、中耳炎には2種類あり、それぞれ症状や治療などが異なります。

今回は、中耳炎についてお伝えしていこうと思います。

耳の構造について

そもそも中耳炎は、文字通り中耳の炎症だということは安易に想像ができます。でも、そもそも中耳がよく分からないかたも多いのではないでしょうか。

すごく簡単にいうと、耳は外側から「外耳」「中耳」「内耳」の3つの空間に分けられています。

外耳

外耳は、外の空気と触れており、綿棒などで耳掃除をするのがこの場所です。

外耳の突き当たりには「鼓膜」があり、外耳と中耳を隔てています。

中耳

中耳は骨に囲まれた空間で、この骨に鼓膜の振動が伝わることで、音が大きく聞こえるようにする場所です。

また中耳は「耳管」と呼ばれる管で鼻の奥とつながっており、内外の空気の圧を一定に保つ働きもします。

飛行機に乗った時などに感じる耳の違和感は、この圧の調節が上手くいっていないために起こります。

中耳は粘膜で覆われており、細菌が侵入してきた際などは粘膜を出して感染を防ぎ、耳管を通して排出する働きも持っています。

内耳

内耳は、主に音の聞こえとバランス感覚を司る場所です。

「三半規管」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは内耳にあり、体のバランスを保つ働きをしています。

中耳炎の種類とその原因は?

中耳炎はその名の通り、中耳に炎症を起こす病気のことです。

中耳炎は2種類に分けられるとお伝えしました。

「急性中耳炎」と「滲出性中耳炎」です。

でも実は、原因はほとんど同じで、急性中耳炎が治っていく過程で、滲出性中耳炎に移行する場合が多いのです。

急性中耳炎の原因は、プールやお風呂の水など、外から細菌が侵入して感染を起こし発症すると思われがちですが、そうではありません。

風邪などの最近が耳管を通して鼻から耳に侵入することが原因です。

赤ちゃんの場合は、吐いたミルクが耳管に流れ込み、中耳に入ることで起こる場合もあります。

急性中耳炎は急激に発症し、緩やかに治っていきます。

治って行く時に、中耳の炎症が治まり、滲出液が耳管を通って抜けていくのですが、耳管の働きが悪いと、そのまま滲出液が溜まった状態が続きます。

この状態が滲出性中耳炎です。

なぜ子どもは中耳炎にかかりやすいの?

子どもは大人に比べると抵抗力が弱く、風邪などにかかりやすいです。

鼻水が出るたびに、中耳炎を発症しているなんて子もいます。

また、大人に比べると耳管が太く短く、傾きも水平に近いため、細菌が侵入しやすいことも関係しています。

逆に、耳管が成長し、体力や抵抗力もついてくる10歳頃を過ぎれば、中耳炎にかかりにくくなると言えます。

中耳炎の症状は?

急性中耳炎の症状

・急な耳の痛み

・発熱

・耳漏(耳垂れ)

・難聴

・眩暈(めまい)

ほとんどが、耳の痛みを訴え、発熱を伴うことで発見されるのですが、まだ症状を訴えられない年齢の子どもは、耳漏が起こることで発見する場合もあります。

滲出性中耳炎の症状

・難聴

・耳の圧迫感

滲出性中耳炎は、難聴以外に目立った症状が現れないことが多いです。

子どもの場合、聞こえにくさを訴えることは難しく、発見が遅れてしまいがちです。

話しかけた時の反応が悪くなったり、テレビの音をいつもより大きくするようになったなど、聞こえにくい様子を大人が気づいてあげる必要があります。

中耳炎の治療は?完治するの?

急性中耳炎の治療

(1)痛みの緩和

痛みが強い時は痛み止めの内服をします。

痛みは数時間〜長くても2,3日で治ることがほとんどです。

耳の後ろを冷やしてあげるだけでも、痛みが和らぎます。

(2)解熱

高熱の場合は頭部や耳の後ろを冷やして解熱しましょう。

痛み止めには、解熱効果も期待できます。

(3)抗生剤の内服

抗生剤は、痛み止めを飲んでも痛みが我慢できない場合やかなりの高熱が出ている場合に使われます。

(4)鼻の通りをよくする

鼻水はこまめに擤むか吸ってあげてください。

(5)耳漏を拭き取る

耳漏は、流れ出てきた分だけ拭き取りましょう。

耳の穴の中は触らず、耳鼻科で吸ってもらうようにします。

滲出性中耳炎の治療

(1)鼻をこまめに擤む、または吸ってあげる

鼻の通りを良くしておくことが大切です。

(2)鼻や喉を綺麗に保つ

内服薬や吸入を使い、鼻閉(鼻づまり)を軽減させ、鼻汁(鼻水)を排出しやすくすることもあります。

※滲出性中耳炎は長期的な治療が必要になります。また体調によって良くなったり悪くなったりを繰り返す場合も多いです。

※耳鼻科によっては、滲出性中耳炎に対してお薬は使わず、定期的な吸引と経過観察で治療を進めて行くこともあります。

3ヶ月以上経過しても良くならない、もしくは悪くなっている場合…

(1)鼓膜切開

鼓膜を切って滲出液を排出する方法ですが、鼓膜がふさがるとまた滲出液が溜まってしまうことも多く、何度も実施しません。

(2)チューブの挿入

鼓膜に細いチューブを入れて、滲出液を排出します。

昔は脳の病気と関連があるとして恐れられていた中耳炎ですが、今では適切な治療を受けることができ、喉や鼻などに特別な奇形がある場合を除き、ほとんどが完治できるようになりました。

外科的な治療をしなくても治る場合も多いのですが、言葉を吸収する時期に難聴が続くと、発達が遅れる恐れもありますので、医師としっかり相談して治療方針を決める必要があります。

まとめ

中耳炎は子どもに起こりやすい病気ですが、適切に治療することで、ほとんどの場合が完治します。

治療が長期間かかる場合もありますが、季節や年齢によって、今まで停滞していた状態が、急に改善に向かう場合もあるので、きちんと治るまで治療していきましょう。

耳鼻科で受ける治療もありますが、普段の生活で気をつけることも多いので、家族で協力して、根気良く治療を続けてあげてください。

スポンサーリンク
レクタリング(大)
レクタリング(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング(大)