妊娠中のカフェインは控えるべきと聞くけど、何をどうやって飲めばいい?

「妊娠中はコーヒーを控えるように」とよく聞きますよね?

コーヒーにはカフェインが含まれており、ママや赤ちゃんによくない影響を及ぼしてしまうからなのですが、一体どのような影響が出るのでしょうか?

楽し今回は妊娠中のカフェインとの付き合い方についてお伝えしたいと思います。

そもそもカフェインとは?

コーヒーや紅茶にカフェインが含まれていることはよく知られていますよね。

カフェインとは、アルカロイドという化合物で、摂取することで様々な作用があります。

作用

・覚醒作用

眠気や疲労が軽減したり、頭がスッキリしたりします。

・血管拡張作用

高血圧の改善や運動機能、呼吸機能を高める効果があります。

・胃酸分泌促進作用

胃酸の分泌を促し消化を助けたり、食欲増進につながります。

・交感神経刺激作用(基礎代謝促進作用)

脂肪の燃焼を助けたり、二日酔いを和らげる効果もあります。

・鎮痛作用

痛みを和らげます。

・利尿作用

腎臓を刺激し排尿を促して、浮腫みを改善したり血圧を下げる効果もあります。

副作用

様々な効果が期待できるのですが、過剰摂取すると副作用も伴います。

・自律神経の乱れ

興奮状態が続き不眠になると、疲労感や頭痛が続きます。

・胃酸分泌過多

吐き気や胃痛の症状が現れ、食欲不振になる場合もあります。

・貧血

倦怠感や眩暈、ひどい場合には命に関わることもあります。

妊娠中にカフェインを控える理由は?

妊娠中は非妊娠時に比べると、カフェインを分解、排出するのに非常に時間がかかってしまいます。

その分、体内にカフェインを長く留めておくことになり、副作用が現れやすくなります。

また、ママが上手く排出できなかったカフェインは、胎盤を通して赤ちゃんにも届けられてしまいます。

赤ちゃんはまだ代謝機能が未熟なため、カフェインを上手く排出することができません。

赤ちゃんには、さらにカフェインの影響が強く現れてしまうのです。

そのため、妊娠中はカフェインの摂取を控えるようにいわれています。

カフェインがママや赤ちゃんに及ぼす影響は?

カフェインはカルシウムや鉄分の排出を促してしまう効果があります。

妊娠中は、ママの血液量が増えるために貧血になりやすのですが、さらに鉄分などの栄養素の排出が促されるを、貧血が悪化してしまう恐れがあります。

ママの体に栄養が足りていないとなると、赤ちゃんにも十分な栄養を届けられなくなってしまいます。

また、妊娠中ママの肝臓は、赤ちゃんが排出した不要な物の分解も担っており、いつも以上にに働いています。

その上、過剰なカフェインの摂取は、さらにママの肝臓に負担をかけてしまうのです。

また、赤ちゃんが大きくなると、ママの胃は圧迫された状態が続きます。

その上カフェインによって胃酸の分泌が促されると、胃もたれや胃痛の症状が現れやすくなったり、胃酸の逆流なども考えられます。

カフェインが胎児に及ぼす影響については、まだはっきりとはわかっていないそうですが、発達の遅れや低体重児、胎児貧血、流産、早産、死産のリスクが高くなるという研究結果も出ています。

妊娠中に摂ってもいいカフェイン量は?

妊娠前にコーヒーや紅茶を飲む習慣があった人が、急に1滴も飲んではいけないと言われると辛いですよね。

妊娠中でも、ママや赤ちゃんに悪い影響を与えないカフェイン量の範囲内でコーヒーや紅茶を楽しむことができます。

妊娠中のカフェイン摂取量は、日本では明確に定められていません。

世界保健機構(WHO)では、1日300mgまでが望ましいとされています。

英国食品基準庁(FSA)では、1日300mgから200mgへ改正されました。

そのため、1日200mg〜300mgまでの範囲でならコーヒーや紅茶を楽しむことができると考えておきましょう。

いろんな飲み物のカフェイン含有量の目安は?

コーヒー以外にもカフェインを含む飲料はたくさんあります。

ドリップコーヒー150mlには約100mgのカフェインが含まれています。

インスタントコーヒー150mlにはカフェイン約65mg

ココア150mlにはカフェイン約50mg

紅茶150mlにはカフェイン約30mg

緑茶150mlにはカフェイン約30mg

コーラ150mlにはカフェイン約34mg

玉露150mlにはカフェインが約180mgも含まれており、実はコーヒーよりも多いのです。

また、飲料だけではなく、食品にもカフェインは含まれます。

板チョコ1枚あたり17〜20mgのカフェインが含まれていますし、眠気覚ましに使われるようなガムにも10mg前後のカフェインが含まれています。

妊娠中のママにコーヒーや紅茶を楽しんでもらうには

妊娠中でもカフェインを全く摂ってはいけないというわけではないことが分かりました。

コーヒーが飲みたいのにずっと我慢していると、ストレスを感じてしまいます。

ストレスも赤ちゃんにとっては大敵です。

カフェインが少ないコーヒーを飲む

1日1〜2杯のコーヒーでは全然足りないという方は、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインのコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

今はスターバックスなどのカフェやコンビニでも買うことができるので出先でも楽しめます。

カフェインレスのコーヒーにも、厳密にいうと1mg程のカフェインを含む場合もあるそうですが、1日に100杯以上のコーヒーを飲むことはないでしょうから、気にせず飲めそうです。

ノンカフェインの紅茶を飲む

たんぽぽコーヒーやルイボスティーなどはカフェインを含みませんので、今までのコーヒーや紅茶の銘柄を替えてみるのもいいかもしれません。

ハーブティは基本的にはカフェインを含まないといわれていますが、子宮収縮を促してしまうハーブもありますので、確認してから飲むようにしましょう。

まとめ

妊娠中は様々な食べ物や飲み物に注意をしなければなりません。

カフェインもその1つです。

しかし、過剰に心配してしまうとせっかくのマタニティライフが辛いものになってしまいます。

適量を意識し、カフェインレスの飲料なども上手く活用しながら、妊娠生活を楽しんで

ください。

スポンサーリンク
レクタリング(大)
レクタリング(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタリング(大)